ワーホリ 英語

ワーホリと英語力

更新日:

中学まではテストで90点はとれるくらい。

高校で受験のためだけに勉強させられてる感がすごくて大嫌いになった英語。

英語を話せるようになってほしい!!という親の希望の元、

英会話スクールに通わされた小学~中学までの3,4年間。

イタリアに行ってから英語話せたらな~、と思い

仕事の合間に息抜きのように通ったカフェ英会話。

決して英語話せます!!なんて言えない、でも勉強はちょっとしたことあるよ。

そんなレベルでワーホリに行きました。

ホームステイ1カ月と語学学校に3カ月。

エージェントから勧められるままに、初ワーホリの定番コースをきっちりと。笑

パースにも語学学校は沢山あります。

1つしか通わなかったから正直違いは分からないけど、

試験対策コースじゃなくて、一般英語なら大差ないんじゃないかな?

レベル分けテストは、適当で、英語勉強してたの?レベルは?Intermediate?

じゃあ、そうしよう!って。筆記のテスト受けた意味!!笑

午前は文法、午後は会話のクラス。先生も午前と午後で変わります。

クラスメイトが順番に1文ずつ話して1つの話を作っていったり

何でもいいので教え合う授業では、折り紙や日本語を教え、

ブラジルのお菓子の作り方やダンスを教えてもらったり、

何をしてたら授業中に逆立ちするんだろう?笑

ゲームを使ってみたり、

たまに有志でコンテストがあって、1番美味しいデザートを競ったり。

私は食べて投票する係!笑

卒業式ではオーストラリアらしくコアラのぬいぐるみを頂きました♡

正直、先生によって質にムラがあって、がっかりした部分もありました。

ただカフェに行ってクラスメイトと話すだけで午後のクラスが終わることも…

クラスに日本人が半分くらいいた時期で日本人同士で間違った英語を話して

なんになるんだろう、と思ったり。

(文法を間違っても日本語に直訳する感じにすれば言いたいことが分かってしまう、日本人の発音でも通じてしまうんですよね)

平気で5分10分と授業に遅刻してきて時間前に帰る先生もいたり…。

安くはない授業料。日本のカフェ英会話よりも低いクオリティ。

言いたいことを言いたい時に、かまわず発言するクラスメイト。笑

(文化の違い。当時は知らなかったし、慣れてなかったので結構不快でした。)

文法の先生は大好きだったし、授業も分かりやすかったけど、

ちょっと簡単で飽きちゃったので、クラス上げるためにテスト受けました。

(クラスを変えたい時はテスト受けて受かれば上のクラスに行けます!)

会話の先生にちょっと不満があり、1度ぶつかりました。

先生は私が不満点を言っても冗談だと受け止めていたらしく…苦笑

1度、嫌すぎてクラスをサボってカジノに行き、笑

(初めてのカジノはギラギラしていて居るだけで楽しかった♡)

その次のクラス後に不満をぶつけました。

サボったことで私が本気だったと分かってくれ、話をしたけど、

言いたいことが言えないもどかしさ。

頭の中には色々言いたいことがあるのに口から言葉が出てこない。

伝えるすべがなかった。

悔しかった。

正直、英語が話せなくても問題なくオーストラリアで生活できると思います。

エージェントもあるし、日本人も沢山いる。

バスだって、電車だって英語話せなくても乗れるし、

スーパーで買い物だってできる。

日本食レストランやファームとか日本語だけで働ける場所だってある。

でも、英語ができるに越したことはない。

色んな国の友達ができる、知らなかった文化や習慣を知れる。ただ単に楽しい。

ローカルジョブだって出来るかもしれない。

情報が増える。選択肢が広がる。

楽しむためだけじゃなくて、不満やストレスを軽減するためにも英語は必要。

言いたいことが言えないのって、本当に悔しいよ。

英語ができないだけで子ども扱いされることだってある。

だから、どんどん英語で話をしたらいいと思うんだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-ワーホリ, 英語
-, , , , ,

Copyright© ふらっと地球さんぽ  〜旅と写真とわんこ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.