オーストラリア ワーホリ

美しきエアーズロック♡

投稿日:

オーストラリアに来る前に、数年後にはエアーズロックに登れなくなる!

そんなニュースを聞いて、私はブーブー文句を言ってた。

エアーズロックがアボリジニーにとってどんな場所なのか知らなかったから。

でも、オーストラリアに来て、色々知っていく中で考えは変わって、

日本からツアーとかで来て、何も知らないまま登らなくて良かったと思った。

理想と現実。

やっぱり観光はお金になるもので、エアーズロックは貴重な収入源でもあり

当時は条件付きでエアーズロックに登れました。

突風で飛ばされたり、心臓発作を起こしてなくなる人もいたそうです。

私は、(登りたいけど)登らないつもりでツアーに参加して、

ガイドさんの話を聞いていて、登りたくないと感じました。

こんなに現地の人達が登って欲しくないって言っているから。

だって嫌じゃない?

日本に来ている観光客が文化・歴史的に入って欲しくない所に入ってたら…。

大きな大きなエアーズロックを見ながら夕陽を待って、

写真を撮りまくり、

エアーズロックをつまみ、

夕陽を眺めたらキャンプサイトに戻ります。

(この写真は別の日の夕陽)

薪は自分たちでその辺で調達。

昼間は暑くても、夜はやっぱり冷えるんです。

そしてキャンプファイヤーでマシュマロ焼くのは万国共通でした!!!

オーストラリアのツアーで何度も登場したディジュリドゥ。

何度やっても音を出すの難しいですね。

こんな感じで外で就寝。おやすみーーーー!

キングスキャニオン…世界の中心で愛を叫ぶ!

何も叫ばなかったけど、綺麗だったなぁ。

でかいものは期待を裏切らない、と思います。

地層って、なんか惹かれる。

小さい頃、石を集めていたのは私です。

滝に虹がかかってたよ!

実は上の写真はこんな所の拡大写真でした。

ガイドさんがその辺から色々拾ってきて、肌に色をのっけて説明してくれた。

超絶Aussie Englishで分からないことだらけだったけど。苦笑

エアーズロックの周りを歩くコースに行きました。

(天気等が許せば、この時間にエアーズロック登山をしてもOK)

たぶんここが1番安いツアーだったと思う。

アジア人は私一人で、他の参加者みんな英語ペラペラで、

どちらかというと英語話せない人にあまり寛容じゃなくて…

そもそも私の英語がヘボ過ぎて、ちょっと大変だったけど、

それでも楽しかった。

そして悔しかったから英語頑張ろう!って思ったんだ。

アリススプリングスに戻ってきて、ツアーの打ち上げ?的なもので

来れる人みんなでバーに飲みに行って、

ツアー中、全然からんでこなかったガイドに「えくぼ」「えくぼ」って呼ばれて

お酒奢ってくれて、めちゃ絡まれた思い出。笑

ツアー中に寄ったエアーズロックリゾートのレシート。

めちゃくちゃ可愛くない???

思わず写真とっちゃったよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ


にほんブログ村

人気ブログランキングへ

-オーストラリア, ワーホリ,
-, , , , , , ,

Copyright© ふらっと地球さんぽ  〜旅と写真とわんこ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.